施工実績

投稿日:

インバート切り

今回はインバート切りのオファーを受けて作業しました。
わりとめんどうくさく、きつい作業なので、10年以上受けていなかった仕事です。
専門職の方がいたのですが辞めてしまい困り果ててのオファーでした。
こっちも渋々です。
自分はできないのでベテランの職人さんに頼み込んで作業してもらいました。
現場は住宅開発のための造成地でした。

インバート切り

作業の流れ

最初は浅いところから始めていきました。
施工場所から水が染み出ていたので、止水からしていきます。
この作業がかなりめんどうくさくて汚れます。
水中ポンプで水を汲み上げていくのですが、電源の発電機、止水セメントを一輪車に載せて浅いところから深い方に進んでいきます。

下は直径1メートルありますが、出入り口は直径60センチです。
ポンプの線やホース材料の上げ下ろしのロープなどを垂らしているため、邪魔で上がり下りもしにくいです。
底面の切り付け部分に止水セメントを擦り込んでいきます。
止水セメントは60秒から90秒で固まります。

しばらくしたら部分的に水が浸み出てきます。
その部分をまた止水セメントで擦り込んでいき、水が止まったら終わりです。
次の施工箇所に移動していきます。
2、3ヶ所したら次はインバート切りです。
配管が大きいのでかなり埋めていかなくてはいけないのです。
材料は砂とセメントををミキサーで攪拌して少量の水を入れたら、空合わせモルタルを用意して、出入り口から下に投げ入れていきます。

ある程度入れたら職人さんが入っていきます。
空合わせしたモルタルをパイプの形に合わせて形成していきます。
パイプは曲面なので専用のコテで形成していき、下水が引っかからないように、バルブのようにツルツルにしていきます。
天端モルタルは、かなり傾斜をつけます。

かなり根気が入りますし、足や腰に負担がかかります。
この作業の繰り返しです。
この現場では15ヶ所ありました。
深さは2メートルから5メートルぐらいありました。

仕上がりはさすが熟練の職人さんです。
綺麗にできました。
役所のモルタル検査も一発で合格でした。
工期にも間に合って全て良しでした。

泉佐野・泉南などの左官工事は横山組
ただいま協力会社様・現場スタッフ求人募集中
〒590-0531 大阪府泉南市岡田6-16-17
電話:072-493-6555 FAX:072-493-6577

この記事を書いた人

カテゴリー 施工実績

関連記事

某中学校 プールの新築工事現場 階段づくりの風景

某中学校 プールの新築工事現場 階段づく…

今回は、某中学校のプールの新築工事で、階段のモルタル詰め込みを施工しました。 ノンスリップタイルも同 …

庭 エクランex施工

庭 エクランex施工

リンクストーンMの施工と同時に、自然派舗装材エクランexの施工を進めていました。 ⇒「庭 リンクスト …

フーチング基礎工事

フーチング基礎工事

フーチング基礎工事 前回のフーチング基礎工事の続きをご紹介します。 フーチングを打設後、数回のコンク …